アクロス・文化学び塾 少女漫画史における 萩尾望都とSF

このイベントは終了しました

14:00〜15:30 (開場13:30)

https://www.acros.or.jp/events/9394.html

内容 1969年にデビューした福岡県出身の漫画家・萩尾望都。
『ポーの一族』や『トーマの心臓』などの名作を生み出した彼女が1975年に発表した『11人いる!』は、従来の少女漫画では例をみない本格的SF作品として、漫画界に衝撃を与えました。その後も『百億の昼と千億の夜』(原作:光瀬龍)、『スター・レッド』、『銀の三角』など次々に名作が発表され、今もなお多くのファンを魅了しています。
この講座では、北九州市漫画ミュージアムで2018年3月17日(土)~5月20日(日)に開催される企画展「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」に合わせ、学芸員が作者について、また企画展に見どころについてお話しします。
料金 受講料500円 (資料代として)
お申し込み アクロス福岡2階 文化観光情報ひろば TEL:092-725-9100
お問い合わせ

アクロス福岡2階 文化観光情報ひろば

TEL:092-725-9100
特記事項 3月1日(木)より受付開始!!

アクロス福岡2階 文化観光情報ひろばカウンター、またはお電話でお申し込みください。
※定員70名になり次第締め切らせていただきます。

アクロス福岡 セミナー室

アクロス福岡 セミナー室

施設のページをみる

アクロス福岡 セミナー室
〒810-0001
福岡県福岡県福岡市中央区天神1-1-1
https://www.acros.or.jp
TOP